多摩川でマルタウグイを釣ろう

春の風物詩マルタウグイを多摩川で釣ってみた!

桜が咲く時期になると多摩川に産卵のため遡上してくる魚

マルタウグイ

f:id:sakura-Liu:20200405175643j:plain

f:id:sakura-Liu:20200405205246j:plain

マルタウグイは、3月下旬から多摩川下流も丸子橋あたりから釣れ始めて4月中旬に調布周辺に遡上してまた海に帰ってしまいます。

 東京湾河口付近に普段は棲息しているようですが、海釣りで釣れたことがあまりない。過去2回、サビキ釣りで釣れたことがあるけど婚姻色がでていないマルタウグイは真っ黒で違う魚に見えました。

釣りポイントについて

f:id:sakura-Liu:20200405180429j:plain

f:id:sakura-Liu:20200405180446j:plain

マルタウグイの釣り場は瀬です。

バシャバシャと産卵行動がみられる場所を見つけられたらラッキーです。

ひたすら歩いて探します

使用ルアー

ラパラCD3-5センチ

f:id:sakura-Liu:20200405202023j:plain

シンキングペンシル(板オモリチューン)

f:id:sakura-Liu:20200405202107j:plain

できるだけ底を長く引けるルアーが良いです。

フックはシングルバーブレスにチェンジしてください。

トリプリフックのままですとスレがかりも多く根がかりも多くなります。

お勧めはラッキークラフトのワンダーです。

釣り方

f:id:sakura-Liu:20200405202643j:plain

マルタウグイが群れている先にルアーを落として巻くだけですが、きちんと食わせるにはコツがあります。

口が下を向いている魚で。

ルアーが底を這うように群れの近くを引いてください。

この時、竿先はやや上向き。

ルアーだけ底を泳ぎ、ラインは流れに影響されないように竿で操作します。

f:id:sakura-Liu:20200405203304j:plain

こんな感じで捕食は下。

産卵行動中は餌を食べないと言われてますが、エビやイソメ系を捕食していると目の前にルアーがくるとバイトしてしまうと思ってます。

だから、しっかりルアー釣りが成立します。

春の多摩川を楽しむために

普通のウグイの婚姻色

f:id:sakura-Liu:20200405203821j:plain

ニゴイの婚姻色(真っ黒)

f:id:sakura-Liu:20200405203849j:plain

f:id:sakura-Liu:20200405204030j:plain

春は沢山の魚の乗っ込みシーズン。

少しだけお邪魔してできるだけ魚を傷つけないように心がけています。

春の川の中は賑やかです。

マルタウグイの集団と鯉・ヘラブナが沢山泳いでいました。


春の多摩川 マルタウグイ

 年に一回だけのマルタウグイ釣り

また、来年も多摩川で会える事を楽しみにしています。