冬の風物詩 ワカサギを釣る

日本に棲息する淡水魚の中で美味しい魚ってなんでしょう?

個人的に鮎・ヒメマス・ワカサギが好みです。

そんな訳で冬になるとワカサギが食べたくなり、毎年釣りに行きます

f:id:sakura-Liu:20191124205735j:plain

関東近郊でワカサギ釣りで有名なポイントは、相模湖・山中湖・芦ノ湖あたりが便利で釣りやすいと思います。

中でも最近のお気に入りが芦ノ湖の湖尻周辺です。

狙うは海賊船の出航桟橋からほど近い水深20メートルライン。

f:id:sakura-Liu:20191124204317j:plain

お勧め時期は11月中旬から12月初旬。

湖周辺の紅葉も楽しめますよ。

芦ノ湖の場合は12月中旬から禁漁時期に入ります。

漁協の規則を確認の上、楽しみましょう。

11月に入るとどこの釣具屋さんもワカサギコーナーが設けられています。

竿を2本出す場合、予備も仕掛けは多めに 6袋あると安心です。

針先が甘くなるとワカサギのかかりが悪くなります。

時を見て交換するのが釣果を伸ばす秘訣かもしれません。

 

タックルデータ

ロッド:1.5mから1.8mのワカサギ用ロッド(やわらかい竿なら何でもOK)

リール:1000番台のスピニングリール(棚が深いので仕掛けの投入が楽です)

ライン:1mごとにマーカーの入っているもの。

おもり:2号から6号

仕掛け:5本針の仕掛け

集魚板を付けてワカサギを誘うのもアリです。(正直効果は微妙)

オモリのスナップに枝針を追加するのが効果的です。

f:id:sakura-Liu:20191124204849j:plain

さぁ釣り開始。

私はいつもボートを借りて自由にポイントを移動するスタイルのワカサギ釣り。

ポイントはボート屋さんで聞いておきます。

が、周りで釣れている人をチェックして近づいていくのがベスト m(__)m

その日、どこにワカサギが回遊するかは実際に釣り始めてみないと分からない時がありますので。

餌は、紅サシかアカムシ。

餌持ちが良いので紅サシを多く使います。

ワカサギのアタリが少ない時や、アタリがあっても釣り上げられない時にアカムシは食い込みが良いので変えたりしています。

f:id:sakura-Liu:20191124210854j:plain

竿を2本出して1本はべた底(オモリが底についた状態)、もう1本は3mくらいオモリを底から上げた状態でワカサギがかかるのを待ちます。

アタリがない時は竿を小さくしゃくったり、大きくしゃくったりして誘ってみてください。

群れで行動している魚なのでアタリがあっても直ぐに巻き上げないで2匹目・3匹目がかかるのを待ちます。

f:id:sakura-Liu:20191124211231j:plain

こんな風にワカサギが釣れるのが醍醐味ですね~

自然と笑顔になりますね。

 

そして、そして釣れたワカサギを餌にして大物を狙いましょう!

チヌ針+ハリス1号+オモリ5号の中通し仕掛けにしてワカサギを背掛けにして投入。

時には、こんなヒメマスやブラウントラウトが釣れることもあります(^O^)/

f:id:sakura-Liu:20191124211854j:plain

ワカサギは、30~50匹位釣れれば十分ですね。

 

帰ったら早速、天ぷらやフライにします。

ワカサギは、鱗に臭みがありますから、塩を使ってしっかりとヌメリを取ると美味しくなります。

f:id:sakura-Liu:20191124212505j:plain

今年、令和元年の芦ノ湖のワカサギはサイズが良かったのでパン粉をまぶしてフライにしました。

サクサク・フワフワで美味しいですね。

f:id:sakura-Liu:20191124212717j:plain

毎年のお楽しみ。

 

最近はドームの中でワカサギ釣りが楽しめる船もあります。

中は暖房が効いていてポカポカらしいです(^_^;)

寒さを楽しみたい私も来年あたり楽してみようかな。