イースター島 モアイに会いに行った ⑦アフ・アキビへ

モアイに会いたくて 

2019年12月25日から2020年1月5日まで年末年始をイースター島で過ごすことにしました。

40時間以上かけて地球の裏側チリのイースター島を目指しました。

 

イースター島 ラパ・ヌイ イスラ・デ・パスクア


2019年12月29日(日)午後 15:00

CAFE TIARE

イナキ ウヒ ホテルに併設しています

goo.gl

美味しいし、店員さんもみんな優しい

メインストリート沿いにあるので町ゆく人を眺めながら食事ができます。

f:id:sakura-Liu:20200420212145j:plain

f:id:sakura-Liu:20200420211840j:plain

お店の中もいい雰囲気

f:id:sakura-Liu:20200420212621j:plain

Coffeeも分かりやすく注文できました。400円から600円位です。

f:id:sakura-Liu:20200420213119j:plain

サンドイッチをモリモリ食べて遊びに行こう

f:id:sakura-Liu:20200420213259j:plain

でも、天気が良かったので大洗濯大会。

イナキ ウヒ ホテルは、中庭に物干しもあって大変便利。

f:id:sakura-Liu:20200420213655j:plain

お腹も一杯で眠くなってきたzzz

少し横になったら気が付くと2時間経過!

東海岸方面にいくつかモアイの遺跡があるので向かうことにしました。

空港近くのアフ・ビナフに行くとあれ?

ゲートの管理室に誰もいないしゲートにチェーンされている。

おかしいな?と思いながらも車を走らせる

牛さん注意の看板

f:id:sakura-Liu:20200420214557j:plain

イースター島の海岸線はほとんど崖か磯場でした

f:id:sakura-Liu:20200420214733j:plain

おやっ?と思って車を停めるとモアイがありました。

ガイドブックにも載っていないモアイが沢山あります。

f:id:sakura-Liu:20200420214849j:plain

良く見ると道路の反対側にもモアイがありました。

倒されているモアイは、必ず顔を下にして倒されています。

これには理由がありまして

モアイの眼からは、マナ(霊力)が出ていると信じられ、モアイ倒し戦争の時にマナの力を封じ込めるために顔を下にして倒されました。

f:id:sakura-Liu:20200420215047j:plain

海沿いの草原では馬が放牧されていました。

f:id:sakura-Liu:20200420220734j:plain

のどかだなぁ

f:id:sakura-Liu:20200420220832j:plain

後ろを振り向くと午前中にいったオロンゴ儀式村が見えます。

f:id:sakura-Liu:20200420221031j:plain

大きな住居跡があるアフ・アカハンガまで行ってアフ・ビナフが閉まっていた理由がわかりました。

入口でウロウロしていると管理人さんが出てきて「18時で終わりだよ。」と教えてくれました。もう18:30過ぎてるし~

日の入りは21時なので時間の感覚がおかしくなってます。

「アフ・アキビとアフ・トンガリキは遅くまで開いているよ」と教えてくれたので島の中心にあるアフ・アキビに向かいました。

チラッと住居跡だけ遠くから見学。

f:id:sakura-Liu:20200420222034j:plain

アフ・アキビ

19:00 まだゲートが開いてます。

管理事務所で名前やホテル名を記入して入島チケットにスタンプを押してもらいました。

f:id:sakura-Liu:20200420222955j:plain

 時間も遅いので貸し切り状態です。

f:id:sakura-Liu:20200425090101j:plain

 海を背にして村を見守るように立てられるのが一般的なモアイですが、アフ・アキビのモアイは海を見つめています。

f:id:sakura-Liu:20200425090539j:plain


イースター島 アフ・アキビ

 小高い丘の上に立つモアイ

f:id:sakura-Liu:20200425090816j:plain

ぐるりと1周回ってみます

f:id:sakura-Liu:20200425091032j:plain

真横から見ても1直線。綺麗に復元されています。

f:id:sakura-Liu:20200425091351j:plain

4~5mくらいのモアイが7体、海を眺めています。

f:id:sakura-Liu:20200425091054j:plain

遠近感でモアイが小さく見えてしまってますが、実際はかなり大きいです。

f:id:sakura-Liu:20200425091208j:plain

正面から記念撮影

f:id:sakura-Liu:20200425091952j:plain

せっかくなので望遠レンズで顔のアップを

お好みのモアイはあるでしょうか?

個人的には右から4番目のモアイでした。

1番右のモアイから

f:id:sakura-Liu:20200425092026j:plain

右から2番目

f:id:sakura-Liu:20200425092049j:plain

右から3番目

f:id:sakura-Liu:20200425092111j:plain

右から4番目

f:id:sakura-Liu:20200425092129j:plain

右から5番目

f:id:sakura-Liu:20200425092149j:plain

右から6番目

f:id:sakura-Liu:20200425092209j:plain

一番左のモアイ

f:id:sakura-Liu:20200425092229j:plain

アフ・アキビのモアイは日本でも見ることができます。

宮城県日南市にある「サンメッセ日南」には世界で唯一、完全復刻を許可されたアフ・アキビのモアイが、太平洋を眺める姿で立てられています。

20:00になってすっかり薄暗くなりました。宿に戻ります。

f:id:sakura-Liu:20200425092525j:plain

 

イースター島のトイレについて

こちらはアフ・アキビのトイレです。

有名な観光地には必ずありました。

チップ制で100チリペソ位。小銭を用意してあると便利です。

f:id:sakura-Liu:20200425093517j:plain

南国らしい花が綺麗に咲いていました。

f:id:sakura-Liu:20200425093406j:plain

f:id:sakura-Liu:20200425093656j:plain

f:id:sakura-Liu:20200425093714j:plain

もしかしたら、今日は夕陽が良く見えるかもしれないと思い。

アナ・カイ・タンガダ洞窟方向にハンドルをきった

大正解

f:id:sakura-Liu:20200425100324j:plain

f:id:sakura-Liu:20200425100400j:plain

f:id:sakura-Liu:20200425100426j:plain

f:id:sakura-Liu:20200425100502j:plain

何もない水平線に太陽がしずむ。

ただそれだけなのに自然が創り出す美しい景色に目を奪われた。

f:id:sakura-Liu:20200425100540j:plain

放牧馬も牧場に帰る時間のようです。

普通に道路を歩いているのでめちゃ恐いです。馬のほうが慣れている感じです。

イースター島はゆっくり走りましょう!

f:id:sakura-Liu:20200425101248j:plain

 

カイ・マナ レストラン

ホテルに戻ってきたらもう21:30

お向かいのレストランで食事しました。

f:id:sakura-Liu:20200425102625j:plain

ハイネケンで600円 

イースター島のレストランは日本の価格と同じ位の値段です。

f:id:sakura-Liu:20200425102954j:plain

適当に注文するも美味しそう。

f:id:sakura-Liu:20200425102936j:plain

f:id:sakura-Liu:20200425103302j:plain

こちらのレストランはバンドの演奏付き

お店は夜中まで大盛況です。

f:id:sakura-Liu:20200425103405j:plain

ワンちゃんもくつろいでいます。

f:id:sakura-Liu:20200425103449j:plain

私の足元でもくつろいでいるワンコ

f:id:sakura-Liu:20200425103548j:plain

美味しい料理とラパ・ヌイの音楽を堪能しました。


ラパ・ヌイ ミュージック

 

明日は、民芸市場やイースター島博物館に行ってみよう。